【Newsweek】すやすや眠らせる秘訣はどこに?

こんにちは!

ねんねbaby支援室、妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

小笠原サクラです。


乳幼児の睡眠コンサルタントとして、
赤ちゃんに関する色んな知識は勉強中なのですが、

Newsweek の「0歳からの教育」は
科学的な情報が根拠とともに載っていて、とても勉強になります!
今後もいくつか抜粋しながらご紹介できたらいいなー
 
今回は「知育編」✋✋
《すやすや眠らせる秘訣はどこに?》を抜粋。

f:id:ogasak_nennebaby:20190613151836j:image

-----------
🌸①静かで暗い寝室でよく眠れるのは、大人も赤ちゃんも同じ。

🌸②就寝前は「授乳→風呂→絵本→就寝」といった、習慣を守る。
次になにするか分かっている方が、子どもは落ち着く。

🌸③よりよい眠りには、就寝時刻を早めることが有効だ。
乳幼児は疲れすぎると興奮し、睡眠も途切れがちになる。

🌸④3歳児では、昼寝をする子どもの方が「気分が穏やかで社交的」な傾向。
(※昼寝が良い振る舞いを生む証明ではない)

🌸⑤夜中目覚めた赤ちゃんの対応は、新生児や病気でなければ、ベッドから出すのはオススメしない。
子どもがベッドから出て騒げば、寝付くのにより時間がかかり、より頻繁に目を覚ます。

🌸⑥「睡眠トレーニング(いわゆる、ねんトレ)」をする場合、親がそれを信じて続けることが重要。
そして上手くいかなくても落ち込まないこと。
生まれつき寝付きの悪い子もいる。


※①~③ フィラデルフィア小児病院睡眠障害センターのジョディ・ミンデル副所長
※④~⑥ 小児科医のマーク・ワイズブルース

-----------

特に③番目、
子どもは沢山遊んで疲れるとパタっと寝るだろうと思い、疲れさせすぎてしまうと、
逆に全然寝れなくなるんですね!

これはとっても睡眠改善でもとても重要なポイント!

赤ちゃんは《疲れすぎる前に寝かせる》
これはぜひとも世の中の常識になればいいな~と思っています😊🎶

f:id:ogasak_nennebaby:20190613151825j:image