おしゃぶりで寝かしつけ、してもいい?

こんにちは!

ねんねbaby支援室、妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

小笠原サクラです。

 

f:id:ogasak_nennebaby:20190604214854p:plain

 

 

今回は、「おしゃぶりで寝かしつけ、してもいい?」

というお話をします。

 

《ご相談》
寝かしつけにおしゃぶりを使っています。
おしゃぶりがあればすぐ寝てくれるので助かっていますが、何となくずっとおしゃぶり使い続けるのも良いのかと不安で...
やめさせた方が良いでしょうか?
(3ヵ月の赤ちゃん)

 

《回答》

寝かしつけ時のおしゃぶりは、決して悪いものではないです。

なので、すぐにやめさせる必要はないですよ!

おしゃぶりでよく寝てくれて、他に睡眠トラブルもなく、

ママも赤ちゃんもハッピーなら全然そのまま使っていて大丈夫です!

 

 

▼寝かしつけ時におしゃぶりを使用することによる、睡眠トラブルの可能性▼

赤ちゃんは約1時間毎に、浅い眠りと深い眠りを繰り返していますが、
浅い眠りの時に、おしゃぶりが口から外れてたことに気付き、自分で探して口に入れることが出来なくて、泣いて起きてしまうことがあります。

そうすると、浅い眠りの度に(1時間おきに)、おしゃぶりを求めて起きてしまう可能性があります

このような場合は、「おしゃぶりをやめる」ことを考えた方が良いかもしれません。

 

 

ちなみに、自分で口に入れられるのは、大体7~8ヵ月頃です。

 

ただ、そのようなお困りごとがなければ、
そろそろやめようかなというときに「おしゃぶり卒業式」をするのでも大丈夫ですよ♪

 

2~3歳では会話ができるようになっていると思うので、

「おしゃぶりさん、バイバイしようね」など話して伝えることもできるようになってきます。

最初のうちは抵抗したりしますが、2~3日で慣れるのがほとんどです。

他に愛着を持てるもの(ぬいぐるみやおもちゃでも)を用意したり、心の準備期間を設けます。

※注意※

昨日はダメと言ったのに、今日はやっぱりあげる、というのが

一番子どもは混乱するので、必ず一貫性を持った対応でやめさせていきましょう♪

 


▼参考:各機関・専門家のおしゃぶりの見解について▼

 

米国小児学会:

乳幼児突然死症候群SIDS)の予防に、

おしゃぶりを吸わせながら寝かしつけることは効果がある。

寝入って口から外れた後、親が再度口に入れ直す必要はない。

口から外れた後も、SIDSの予防の効果は持続する。

(現時点で、はっきりしたメカニズムは分かっていませんが、おしゃぶりをしていた赤ちゃんはSIDSが起こりにくかったと発表されています。)

https://pediatrics.aappublications.org/content/138/5/e20162938 

 

日本小児歯科学会:

(1)1歳過ぎになったら、常時使用しないようにする。

(2)おそくとも2歳半までに使用を中止するようにする。

  ※2歳ごろに使用中止すれば、噛みあわせの異常は自然と改善される。

(3)おしゃぶりを使用している間も、声かけや一緒に遊ぶなどの子どもとのふれあいを大切にして、子どもがして欲しいことや、したいことを満足させるように心がける。子育ての手抜きとし便利性からだけでおしゃぶりを使用しないようにする。

(4)おしゃぶりだけでなく指しゃぶりも習慣づけないようにするには、(3)の方法を行う。

(5)4歳以降になってもおしゃぶりが取れない場合は、情緒的な面を考慮してかかりつけの小児科医に相談することを勧める。

http://www.jspd.or.jp/contents/main/proposal/index03_04.html#pro04 

 

日本小児科学会 小児科医と母乳育児推進

 ・児の母乳摂取量と母親の母乳産生量を増やす方法として、

  おしゃぶりの使用を避ける。

・乳房以外のもので,吸うという欲求が満たされてしまい体重増加が低下する

 https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_110916.pdf

 

 -----

その他様々な見解をまとめると…

 

①母乳育児をしたい場合、母乳が軌道に乗るまではおしゃぶりの使用はお勧めしない 

②常時おしゃぶりを口に入れない。寝かしつけ時、時々の外出時のみなど、使用するタイミングを決めて渡す。

(常時使用は、体重増加・発語・噛みあわせなどの発達面で影響が出る可能性がある)

③2歳すぎたら卒業のタイミングを検討する 

  

おしゃぶりは便利な道具でもあるので、

上手な使い方ができるといいですね^^